JavaScriptが有効でないと正常に動作いたしません。

バイオウェブ トップ  <  You are here!!

新着トピックス
大阪大学大学院医学系研究科が【参加者募集】2021年度市民公開シンポジウム 「ウイルス研究と医療...
創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)が【2021年10月26日〜11月16日 オ...
創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)が【2021年11月10日オンライン開催案内...
早稲田大学が早稲田大学における『BINDSユニット連携講習会』オンライン開催のお知らせをしていま...
創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)が【2021年9月17日オンライン開催案内・...
創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)が【2021年10月19日オンライン開催案内...
創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)が【2021年10月1日オンライン開催案内・...
国立研究開発法人科学技術振興機構 バイオサイエンスデータベースセンターが【オンライン開催】トーゴ...
情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所 ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)広報室...
科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)が【受講者募集】統合データベース...

メール情報
2021年度第1回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」...
東京大学ゲノム医科学研究機構 2020年度シンポジウム...
2020年度第4回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」...
第43回日本分子生物学会年会(MBSJ2020)フォーラム...
第26回 関西地区分離技術講演会...

掲示板
【参加者募集】2021年度市民公開シンポジウム 「ウイルス研究と医療の最前線――いま考える感染症...
【2021年10月26日〜11月16日 オンライン開催案内・参加者募集】2021年度BINDS...
【2021年11月10日オンライン開催案内・参加者募集】『東京大学 2021年度BINDSセミナ...
【2021年10月19日オンライン開催案内・参加者募集】『大阪大学 2021年度BINDSセミ...
【2021年10月1日オンライン開催案内・参加者募集】『東京大学 2021年度BINDSユニッ...

BIOWEB便り
ゲリラ豪雨も、線状降水帯も頻繁に耳にするようになりました。
日々の気象状態の振り幅がますます大きくなり、大変な時代になってし
まった感じがします。

話は変わって、いくつかのプログラムを順番に起動しつつ、ファイルを
読み込んで、メニューから設定し、その処理結果を保存する、という作
業を数十回繰り返さなければならない場合、どのようにされておられま
すでしょうか?

もちろん、何度も行わなければならない作業であれば、Pythonなどでプ
ログラムを組んでしまったほうが良いでしょう。でも、1回処理したら、
その後はもう使わないかもという場合には、なんとか自動処理で済ませ
たいな、ということもあるかと思います。

そういった場合、私は、Windows OSの場合は、AutoHotKeyというフリー
ソフトを使用しています。このソフトは、もともとショートカットキー
や特定のキーを別のキーで置き換えて、自分用にカスタマイズするため
に開発されたソフトなのですが、普通に使用しているプログラムを自動
的に操作する機能が後で加えられました。キーボードでの操作を模擬す
る機能です。

ですので、一旦処理を開始すると、パソコンを専有状態にさせてあげて、
キーボードやマウスを使わない状態にしなければならない(使うとフォー
カスしているウィンドウが別のところに移るためスクリプトの動きがお
かしくなってしまう)のですが、とりあえず夜中に処理させておけば良
いというような作業には向いています。

この手のスクリプト作成には、Altキーでメニューを選択することや、
Tabキーで順番にフォーカスが移るといった、キーボードからGUIを操作
する方法を知っている必要があります。

他にも若干コツが必要で、ウィンドウが開くまでの時間を想定して「起
動までに2秒待ってから"Ctrl+O"キーを押して」という感じで、一つのキー
ごとに、動作に必要な時間を待つようにしなければならない点ですね。

ほぼ毎回キー操作ごとに0.5〜1秒とかの待ち時間を挿入しておく必要があ
ります。ギリギリにすると、100回ぐらい繰り替えしている間に、別のプ
ロセスが動いて、規定の待ち時間に入らず途中で失敗することもあります。
原始的なやり方ではあるのですが、限定的な用途での効率アップには、必
要だったりしますね。

バックナンバー





(株)羊土社
実験医学10月号
口腔細菌叢
(株)オーム社
日本ヒューレット・パッカード 株式会社