JavaScriptが有効でないと正常に動作いたしません。

バイオウェブ トップ  <  You are here!!

新着トピックス
大阪大学が2018年度市民公開シンポジウムをお知らせしています。...
科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)が【受講者募集!】統合データベー...
創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)プラットフォーム機能最適化ユニット支援オフィ...
大阪大学大学院医学系研究科 医の倫理と公共政策学が【ご案内・参加者募集】2018年度市民公開シン...
文部科学省科学研究費新学術領域「先進ゲノム支援」が【ご案内・参加者募集】2018年度第4回ヒトゲ...
バイオウェブ学会誌・専門誌目次を更新しました。...
株式会社エー・イー企画が免疫チェックポイント阻害剤の現状と展望 2018をお知らせしています。...
バイオウェブ学会誌・専門誌目次を更新しました。...
バイオウェブ学会誌・専門誌目次を更新しました。...
特定非営利活動法人DNA鑑定学会が第11回大会のご案内をしています。...

メール情報
2018年度市民公開シンポジウム...
免疫チェックポイント阻害剤の現状と展望 2018...
第11回大会のご案内...
第24回 関西地区分離技術講演会...
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)出展のご案内...

掲示板
【受講者募集!】統合データベース講習会:AJACS名古屋2(11月9日開催)...
【11/28(水)開催】『第41回日本分子生物学会年会 BINDSワークショップ』のお知らせ(パ...
【ご案内・参加者募集】2018年度市民公開シンポジウム:AIが変える医学の未来-人工知能と診断...
【ご案内・参加者募集】2018年度第4回ヒトゲノム研究倫理を考える会(2018/11/11@東京...
学会誌・専門誌目次を更新しました - 2018/10/31-...

BIOWEB便り
急に気温が下がり、本当に秋らしくなりましたね。
体調を崩しやすい時期ですので、くれぐれもご自愛ください。

フリーソフトの進歩が素晴らしいですが、皆様もお使いになることはご
ざいますか?

統計解析をするためのソフトにR言語という解析ソフトがあります。この
プログラムを開発するための支援ツールに「RStudio」というソフトがあ
ります。

以前少し紹介しましたが、Markdownという記述方法により、HTMLファイ
ルやPDFファイル、Wordファイルなどの形式で処理のスクリプトや結果の
グラフをそのままドキュメントに埋め込んで出力することができます。

さらにしっかりスクリプトを作ると、読み込んだデータや中間ファイル
はもちろん、自分自身のスクリプトファイルもまとめて圧縮してしまい、
日付と時刻をつけて自動的に保存できます。

頻繁に更新されるデータなどの場合、どの時点のデータを使用して処理
した結果なのかなど、対応関係が曖昧になったりすることがあったりし
ましたが、こういった機能を使いこなすことで、本当に管理しやすくなっ
たと感じています。
バックナンバー





日本ヒューレット・パッカード 株式会社
(株)オーム社
(株)羊土社
実験医学 11月号
急増する炎症性腸疾患に挑む